RICOH WG-6

RICOH WG-6 の基本情報・仕様

発売日 2019/4/19
有効画素数 2000万画素
焦点距離 28mm~140mm
F値 F3.5~F5.5
光学ズーム 5倍
液晶モニター 3インチワイド/104万ドット
寸法(W×H×D) 118.2mm×65.5mm×33.1mm
重量 246g
カラー オレンジ・黒・白(G900)
CALSモード 対応
シリコンジャケット RICOH デジタルカメラケース プロテクタージャケット O-CC173 半透明 リコー シリコン 30278
予備バッテリー RICOH 充電式リチウムイオンバッテリー DB-110 リコー 37835
バッテリーチャージャー RICOH バッテリー充電器 BJ-11 リコー 37861

RICOH WG-6 の良いところは?

操作ボタンが大きい

軍手をつけたまま操作できます。

うれしいCALSモード

国土交通省の基準に対応したCALSモード搭載カメラです。

マクロ撮影に強い

レンズの円周上にLEDライトが配置されていて、 カメラの影を気にせずにマクロ撮影できます。
これは建設現場でとても便利な機能です。

業務用の特別モデル「G900」もあります

工事現場業務用の特別モデル「RICOH G900」は、現場写真撮影をサポートする工事用電子小黒板、強固なセキュリティ機能など、安心の機能が追加されたモデルです。



RICOH WG-6 のイマイチなところは?

画角がせまい

広角28mmはちょっと狭くて残念ですね。
専用アクセサリーの「ワイドコンバージョンレンズ DW-5」を取り付ければ、広角端で22.4mm相当(35ミリ判換算)まで超広角になります。

さいごに

とにかく現場での使いやすさに配慮されているタフカメラ。
過酷な工事現場で、絶対の安心感を求めるならこの機種で決まりです。

おすすめ度:★★★★☆