おすすめの現場用一眼カメラ

防水防塵タイプのコンデジを使う機会が増えていますが、一眼カメラを使う会社もまだまだあります。
ここでは、現場用一眼カメラの選び方と、現場でよく見かける一眼カメラを紹介します。

現場用一眼カメラ(一眼レフ、ミラーレス)の選び方

防塵・防滴であること

現場用一眼カメラを購入する際にまず望ましいのが、「防塵防滴」構造であること。
悪天候や粉塵の多い場所、低温環境でも壊れにくいカメラを選びたいですね。

大きめボタン

野外だと手袋をつけたまま操作することも多いので、小さなボタンでは使いにくい。
しっかりホールド・グリップできて、操作しやすいカメラが良いです。

できれば本体価格10万円以下

減価償却が面倒なので、カメラ本体はなるべく10万円以下で。
10万円超では、なかなか上司の決裁が下りないですよね。

以上のような条件で見ていくと、以下の2台がおすすめできます。

現場用に最適の一眼カメラ
(防塵防滴モデル)
・PENTAX K-70(一眼レフ)
・OLYMPUS E-M5 MarkII(ミラーレス一眼)

おすすめの現場用一眼カメラ

一眼レフなら、PENTAX K-70

現場用一眼レフといえば、PENTAX(RICOH)です。
PENTAXの一眼レフは、すべてのモデルが防塵防滴仕様です。
建設現場でのPENTAXの使用率の高さには驚きます。

長所

防塵防滴を得意としているメーカーなので安心感が違います。
価格も性能が高い割にとても安いと思います。

短所

頑丈ですが、やや重いと感じます。


現場に最適なレンズ(PENTAX用)

防滴構造の高倍率ズームレンズ。これ1本つけっぱなしで大体OKなので、便利。


ミラーレス一眼なら、OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII

最近、一眼レフからの乗り換えが目立つのがオリンパスのミラーレス一眼。
防塵防滴でコスパ抜群のミラーレス一眼カメラが、OM-D E-M5です。

長所

とにかく小型・軽量。静か。画質もいいです。

短所

一眼レフに比べると、貧弱な感じがします。


現場に最適なレンズ(OLYMPUS用)

防塵・防滴機構で、広角24mm始まりの電動、標準ズームレンズ。
現場なら、これ1本つけっぱなしで大体OKです。


現場用一眼カメラの比較

上記2機種を比較しておきます。
他より優れている箇所は、オレンジ色でマークしてあります。

メーカー PENTAX OLYMPUS
品名 K-70 OM-D E-M5 MarkII
発売日 2016/7/22 2015/2/20
タイプ 一眼レフ ミラーレス
レンズマウント ペンタックス
Kマウント
マイクロフォーサーズ
有効
画素数
2424万画素 1605万画素
撮像素子 APS-C フォーサーズ
ローパスフィルターレス
ISO感度 100~102400 100~25600
連写速度 6コマ/秒 10コマ/秒
シャッタースピード 1/6000~30秒 1/8000~60秒
液晶モニタ 3インチ/92万ドット
バリアングル
3インチ/104万ドット
バリアングル
5軸手ブレ補正 -
タッチパネル -
防塵・防滴
Wi-Fi
寸法 幅 125.5 mm 123.7 mm
寸法 高さ 93.0 mm 85.0 mm
寸法 奥行 74.0 mm 44.5 mm
重量 628g 417g
カラー 黒・シルバー 黒・シルバー
品名 K-70 OM-D E-M5 MarkII